スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2009 フェブラリーステークスの結果・考察

皆様、昨日はいかがだったでしょうか??
そこまで荒れたレースにはなっていないので、獲った方も大勢いらっしゃるのでは??










それでは考察・・・。

勝ったのは6番人気内田博幸騎手騎乗のサクセスブロッケン。

結果から見てみると、はやり「外枠有利」の結果になっていますね。実際に掲示板に乗っている内枠の馬はカネヒキリのみ。このカネヒキリも、スタートから好位置を獲る為にしっかり先行させていましたからね。また上がり3ハロンもメンバー中最速の”35.3”です。今回は3着になりましたが、まだまだ見限れません。枠さえ違えば逆転も・・てなレースですしね。

また、今回は”やや重”という馬場状態であり、ダートでは一番時計の出やすい状態でした。
よって「前が止まらない」展開になり、結果的には差し馬は出番が無かったですね。ここは馬場状態によって変わってきますので、今後も注意して予想したいものです。


そして、G18勝という大記録を狙うカネヒキリと、それに続くヴァーミリアンが出走しても過去データは覆りませんでした・・・。

・7歳馬からの優勝馬が出ていないという点。
・前走川崎記念を優勝した馬は、フェブラリーでは優勝出来ない。

そして・・・
・「フェブラリーSは2度勝てない・・・。」


また、「フェブラリーS攻略!」の記事に追加しておきます。

 
スポンサーサイト




2009 フェブラリーSの考察!

2月22日(日) 東京競馬場 ダート 1600m 左回り

G1:フェブラリーステークス


01番 カフェオリンポス
02番 カネヒキリ

03番 サンライズバッカス
04番 トーセンブライト

05番 バンブーエール
06番 ナンヨーヒルトップ

07番 ヒシカツリーダー
08番 キクノサリーレ

09番 ヴァーミリアン
10番 ビクトリーテツニー

11番 アドマイヤスバル
12番 エスポワールシチー

13番 オフィサー
14番 カジノドライブ

15番 サクセスブロッケン
16番 フェラーリピサ


と確定しています。


~馬券考察~

東京ダート1600mは、外枠の方が芝部分が長い為に「外枠有利」と見解されているが、過去のレースを見ている限り”芝部分が長いから有利”となっている様には見えません。


たしかに、逃げ馬はダッシュしやすいという利点がある為に、逃げ馬には少しは有利になるよう。ただ重要なのは「位置取り」だと思います。外枠の方が内枠よりも簡単にポジションを取りやすいように見えます。


よって枠だけで見ると、有利と思われる馬は・・・

※逃げ馬

・エスポワールシチー
・サクセスブロッケン

※先行~好位馬

・キクノサリーレ
・ヴァーミリアン
・アドマイヤスバル
・カジノドライブ

かな・・・??と思われます。基本的に競馬は「内枠・先行有利」と謳われていますので、内枠に入った先行馬もまず良かったのではと思います。


次は展開・・・。

外枠に強力な逃げ馬が居ますので、極端なスローペースにはならないでしょう。また。外枠に強力な逃げ馬がいるという事は、内枠の馬たちは”被され”ますので、内枠の先行馬もポジションを取りに早めに動くのではないでしょうか。

よって、ペースは平均~やや早めになるかな?と推測します。あと、エスポワールシチーとサクセスブロッケンがどんな形でレースを引っ張るかにもよりますけどね・・・。

ペースは速くなるという事は、差し馬の展開という事になります。実際、東京競馬場1600mダートの脚質シェアは差しが60%強という高い数字。よって差し馬にも注意は払わなければなりません。


※差し~追い込み馬

・サンライズバッカス
・ヒシカツリーダー
・ビクトリーテツニー

という格好です。強力な7歳馬が居ますので、どの馬達に騎乗するジョッキーも「あの2頭に勝つ為にはどう乗るか?」を考えていると思います。


あとは、当日の馬場状態と馬体重と、買う人間のヒラメキ・・・。・・・あと運!これで当日に総合的に判断して、馬券を購入したいと思います。
上記に挙げているのは、管理人が個人的に気になっている馬ですので、あしからず・・・。


少しでも馬券の参考になれば、うれしいです。
馬券は個人の自己責任でお願いしますよ!





フェブラリーの考察


本日の夜に、個人的なフェブラリーステークスの見解を挙げてみたいと思います。

だいたい21:00頃(夜の9時)をメドに記事をアップしますので、よろしかったら見てやって下さい。





G1フェブラリーステークスを攻略!

G1:フェブラリーステークスの攻略


ここでは、フェブラリーステークスの攻略データを自分自身で感じた事や・データからあぶり出たもの等を掲載していき、的中に近づけていきたいと思っています。JRAのHPにも掲載されている「データ分析」みたいに馬券の参考になれば・・・と思っています♪


東京競馬場:ダート1600m 左回り

・内枠は苦戦気味

・やはり優勝する馬に騎乗しているのは・・・リーディング争いをする騎手である。

・過去に、連対・複勝率の全くといっていい程の2枠は買わない!
 いくらトップジョッキーで1番人気でも・・・。(逃げ&先行馬は考えよう)

・2枠以外の1番人気の馬に騎乗している武には逆らうな!
 これで21年連続G1制覇!すんばらしい・・・。

・過去に今のところ、11番人気以下は来ない。

・G1勝利していない牝馬は切る!

・7歳馬からの優勝馬が出ていないという点。

・前走川崎記念を優勝した馬は、フェブラリーでは優勝出来ない。

・「フェブラリーSは2度勝てない・・・。」



今はこんなトコです。。。毎年内容を濃くしていきたいと思ってますので、ヨロシクです♪







佐々木厩舎と佐藤哲三騎手の関係について

調教師:佐々木昌三と騎手:佐藤哲三の関係について


さて、今回の調教師と騎手の関係についての話は・・・↑↑こちらです。

タップダンスシチーインティライミで有名になっているこの関係ですが、佐々木厩舎は佐藤哲三騎手への騎乗依頼が多い事で知られています。
良好な師弟関係を築いているうちの一つです。有力な競走馬への騎乗依頼は佐藤哲三騎手がほとんどです。これも大手のサイトや雑誌などでも紹介されており広く知られているネタの一つですね。


何故良好な関係なのかは・・・深い理由は知りません(笑)


馬券的には、同厩舎出走の競走馬で、佐藤哲三騎手の連続騎乗・乗り替わりが見られ、かつ人気馬の場合は注意が必要と思われます。
ただ・・・強い馬ばかりが、入厩している訳ではありませんので、「佐藤哲三騎手が乗っているから」だけの理由で馬券を購入すると痛い目に合うかも分かりませんよ・・・。そこら辺はしっかり予想しましょう。


このカテゴリでは、調教師と騎手の関係も予想する上において、「重要なファクターの一つ」というのをご理解いただきたいです。





藤原(英)厩舎と藤田伸二騎手の関係について

調教師:藤原英昭氏と騎手:藤田伸二の関係について



JRA競馬界の中には色々な関係が出来ており、素人がデータを整理してもけっこう面白いデータが出たりします(笑)
その中で有名なのが・・・今回ご紹介する、藤原(英)厩舎と藤田伸二騎手の関係です。


良好な厩舎=騎手の関係を保っているうちの一つです。勝負のかかっている競争馬には、藤田騎手を主戦として騎乗させています。マスコミにも藤原英昭調教師が「勝負する(獲りに良く)レースには、藤田を乗せる」と公言しているように、勝負のかかったレースには藤田伸二騎手がよく起用されています。
ヴィクトリアマイル時のエイジアンウインズ(08年:G1ヴィクトリアマイル優勝):鮫島良太騎手→藤田騎手への乗り替わりなどが分かりやすい例だと思います。


テレビでも報道されており、広く知られている事柄です。


ですので馬券的にも、藤原(英)厩舎の出走する競走馬に藤田伸二騎手が騎乗する、または乗り替わっている時などは、狙ってみても面白いのでは・・・と、思います。まぁ、枠順や馬場状態など予想する際は色々な要素をミックスして予想は立てますが、「買い目には含める」って事が無難かな・・・と思います♪
ただ、連対率も複勝率も100%ではない事がご理解くださいよ・・・。





友道厩舎と武豊騎手の関係について

調教師:友道康夫氏と騎手:武豊の関係について


JRAトップジョッキーの武豊への依頼はしない事で有名になっています。
また管理馬にアドマイヤ(近藤利一氏)も多い為に、その流れに拍車をかけている状況です。
馬主からのリクエストがあった時に当厩舎の馬に乗る事がほとんどで、調教師から武豊騎手への騎乗依頼は全くと言って良い程ありません。


なぜ友道調教師は、武豊騎手を乗せたがらないかは不明・・・(笑)


”ダノン”の冠で有名な馬主、(株)ダノックスからリクエストがあった際に、騎乗していたりとあったみたいですが、基本的に”友道厩舎と武豊騎手の関係は無い”と考えて予想に当たった方が無難なようです。


馬券的にも特記する事はありませんが、武豊騎手と良好な関係を保っている馬主の馬に乗って出走する場合には、十分注意を払った方が良さそうです。





薗部氏と田中勝春騎手の関係について

馬主:薗部博之氏と騎手:田中勝春の関係について


馬主:薗部氏は、田中勝春(カツハル)騎手を気に入っており、同馬主の主戦騎手となっている。
何故、お気に入りのジョッキーなのかは不明・・・(笑)


薗部博之氏と言うとTVゲーム界に競馬旋風を巻き起こした競馬ゲーム「ダービースタリオン」の開発者として、あまりに有名である。
現在も個人馬主として送り出している、アブソリュート(09年:G3東京新聞杯優勝)にも一度も田中勝春(カツハル)騎手以外のジョッキーを乗せていない。


この馬主と騎手を物語る上で、あの中山巧者の馬を覚えている方も多いでしょう。

・バランスオブゲーム 

ちなみにこのバランスオブゲームと、アブソリュート、共に厩舎も同じです。


それでは薗部氏の馬に、田中勝春(カツハル)騎手が騎乗していれば、常に馬券対象になるのか??って所ですが、そんな事はないと思います。
ただ、カツハル騎手が乗れない事情(ケガなど以外)がハッキリ分からないのにも関わらず、別のジョッキーで薗部氏の競走馬が出走する時は馬券対象外になるんじゃないでしょうか?

はやり勝負したい時にはどんな馬主であれ、好きな騎手を乗せたがるもんだと思いますからね。。
ただ、競馬に絶対はありませんので、馬券は個人の責任でお願いします・・・。





まずはじめに・・・

このカテゴリへは、騎手と馬主との関係を書き込んでいきたいと思っています。
誰もが知っているような事ばかりですが・・・


「この馬主さんは勝負する時は○○ジョッキーかぁ~」


など、知っているだけでまた違った角度からも予想出来ると思いますし・・・ね。

私も極普通の人間で、競馬界で飯を食べている訳ではないので、誰もが知っているような事や公になっている事しか書き込めませんが、書き留める事で何らかの馬券の参考になればうれしい限りです。

あんまり期待しないで読んでやって下さい(笑)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。